正しい筋肉エクササイズ

美脚探求ガイド

脚を細くするまえに

正しい筋肉エクササイズ

脚を細くするには脚の筋肉を鍛えすらっとした脚の形を作る事が大事です。そのためにスクワットや踏み台昇降など足を鍛えるための沢山の筋肉エクササイズがあるのですが、いくら効果的なエクササイズでもやり方が間違っていたら効果がでないどころか、かえって足が太くなってしまう事があります。

そこで、今回は筋肉エクササイズをする際気をつける事のお話をします。間違ったエクササイズで困った結果にならないよう、しっかり覚えておいて下さいね!

ではまず筋肉エクササイズを始める前に、美脚を作るために鍛える筋肉のお話をします。これは太ももでは内腿にある筋肉の『大腿二頭筋』、そして太ももの表側にある『大腿四頭筋』とお尻の筋肉の『大臀筋』、ふくらはぎにある『下腿三頭筋』の4つの筋肉になります。そしてこれらの筋肉を効果的に鍛えるにはウォーキングなどの有酸素運動や筋肉エクササイズが効果的になります。

では本題ですが、上記の筋肉エクササイズをする時に気をつける事として『やりすぎない』『エクササイズの後はきちんとマッサージする』があります。まず『やりすぎない』ですが、これはエクササイズをする時強い力をかけすぎた状態(一生懸命やっても10回程度しかできない位の力)ですると筋肉に過度に力がかかり、筋肉が鍛えられすぎて肥大してしまう事があります。

次は『エクササイズの後はきちんとマッサージする』ですが、筋肉エクササイズをしている間筋肉は収縮を繰り返していますが、終わると筋肉は縮んだ状態のまま固まってしまいます。先でも話したとおり、筋肉は体の不要な水分や老廃物を循環させているので、その筋肉が縮んで固まってしまっていると、循環がうまくできずむくみの原因になります。ですのでエクササイズ後はきちんとマッサージをして縮み固まった筋肉をほぐしてあげなければなりません。 以上がエクササイズをする際気をつける所になります。なお、正しい筋肉エクササイズのやり方はまた後ほど『目指せ!太ももダイエット』の項でお話しますので、楽しみにしてて下さいね!