脚とお尻の関係

美脚探求ガイド

美脚ってどんな脚?

脚とお尻の関係

美脚とは脚だけの問題ではなく、実はお尻とも深く関係しているのです。ロングパンツやデニムをよく履く人はわかると思うのですが、ロングパンツやデニムを履くときお尻のラインが気になりませんか?お尻~脚の付け根のライン、特に重力に負けて垂れ下がってしまったお尻がロングパンツを履く事によってとっても強調されてしまい恥ずかしいことに・・・なんて経験がある人もいらっしゃると思います。そしてそのお尻が下がってしまっていること、それが美脚の大敵なのです。

美脚とはすらっとして適度に筋肉のついた美しい足ですので、その脚の付け根とお尻の境界線がわからないと、そこだけお肉でぼよんとしてしまいそれは美しい足ではなくなってしまいます。しかし、美脚の大敵であるお尻の脂肪ですが、その脂肪にはちゃんとした役目があるのです。

まず女性の体のつくりとして、妊娠・出産をするための『子宮と骨盤』があります。その骨盤ですが、男性の骨盤は縦長にできているのに対し、女性の骨盤は出産をする際赤ちゃんの頭が通れるように横長にできているのです。筋肉や脂肪は骨のまわりにつきますので、よって横長の骨盤のまわりに脂肪がつくと、お尻は横に広がり大きく見えるのです。また、女性が妊娠をするための大事な機関である子宮はちょうどお尻の真ん中あたりにありますよね。その子宮や、卵巣を守るために女性のお尻は脂肪を蓄え、大きく育ってしまっているのです。

と、お尻の脂肪の理論を話した所でじゃあお尻は小さくならないの?と疑問が聞こえてきそうですが、それは違います。ここでのテーマは『美脚』ですので、美脚の大敵である重力に負けて垂れ下がってしまったお尻の肉を鍛えてキュッとヒップアップさせることはもちろんできますし、脂肪のついた大きなお尻を改善する事もできます。

その方法はまた後ほど『目指せ美脚!』の項で詳しくお話しますので、よかったら読んでみて下さい。美しい脚を作るために、お尻と脚の境界線をしっかりと引きなおし、誰に見せても恥ずかしくないヒップラインを作りましょう!